更新ガイド

このガイドはTapjoy SDKのバージョンをアップデートする場合に必要となる手順を記述します。衝突や不具合を避けるために、すべての手順を実行する事をお勧めします。

13.2.0

Connect (初期化)

connectFailure コールバック に エラーコード と エラーメッセージ を追加しました。既存のコールバックは非推奨となりましたが動作します。

void Start() {	
    // Connect Delegates	
    Tapjoy.OnConnectSuccess += HandleConnectSuccess;	
    Tapjoy.OnConnectFailed += HandleConnectFailed;
	// Deprecated since 13.2.0	
    Tapjoy.OnConnectFailure += HandleConnectFailure;
    }
void OnDisable(){	
    // Connect Delegates	
    Tapjoy.OnConnectSuccess -= HandleConnectSuccess;	
    Tapjoy.OnConnectFailed -= HandleConnectFailed;
	// Deprecated since 13.2.0	
    Tapjoy.OnConnectFailure -= HandleConnectFailure;
    }
public void HandleConnectFailed(int code, string message){

}
// Deprecated since 13.2.0public void HandleConnectFailure(){
} 

最大ユーザーレベル

ゲーム内でのレベル数を設定できるようになりました。connect 前、後 どちらでも設定ができます。

Tapjoy.SetMaxLevel(10); 

ユーザーセグメント

現在アプリを使用しているユーザーの種別をアプリから設定できます。connect 前、後、およびアプリセッションの最中に設定できます。

Tapjoy.SetUserSegment(TJSegment.VIP);
Tapjoy.SetUserSegment(TJSegment.Payer);
Tapjoy.SetUserSegment(TJSegment.NonPayer);
Tapjoy.SetUserSegment(TJSegment.Unknown); 

エントリポイント

request content を呼び出す前に、プレイスメントコンテンツのエントリポイント を設定できます。これはアプリ内のどこからプレイスメントが表示されるかを示します。複数あるプリセット値の中から選択できます。

TJPlacement placement = TJPlacement.CreatePlacement("placementName");
placement.SetEntryPoint(TJEntryPoint.COMPLETE); 

// 指定可能な値
TJEntryPoint.UNKNOWN // 設定をするのではなく、設定されていた値を削除します
TJEntryPoint.OTHER
TJEntryPoint.MAIN_MENU
TJEntryPoint.HUD
TJEntryPoint.EXIT
TJEntryPoint.FAIL
TJEntryPoint.COMPLETE
TJEntryPoint.INBOX
TJEntryPoint.INIT
TJEntryPoint.STORE 

仮想通貨

  • 仮想通貨に対する get/spend/earn はマイナスの値を受け付けなくなりました。
  • 自社管理仮想通貨を利用している場合にTapjoy管理仮想通貨のAPIを呼びだした場合、エラーが返るようになりました。

プレイスメントを作成する際にユーザーの仮想通貨の残高を指定できるようになりました。requestContent の呼び出しよりも前に指定する必要があります。

TJPlacement placement = TJPlacement.CreatePlacement("placementName");
placement.SetCurrencyBalance("[CURRENCY_ID]", 100);

// Callbacks

void OnEnable() 
{	
    TJPlacement.OnSetCurrencyBalanceSuccess += HandleSetCurrencyBalanceSuccess;	
    TJPlacement.OnSetCurrencyBalanceFailure += HandleSetCurrencyBalanceFailure;	
}

void OnDisable() 
{	
    TJPlacement.OnSetCurrencyBalanceSuccess -= HandleSetCurrencyBalanceSuccess;	
    TJPlacement.OnSetCurrencyBalanceFailure -= HandleSetCurrencyBalanceFailure;
}

public void HandleSetCurrencyBalanceSuccess(TJPlacement placement) 
{

}

public void HandleSetCurrencyBalanceFailure(TJPlacement placement, int code, string error)
{

}

また、各プレイスメントに対してユーザーが目的を達するのに必要な仮想通貨の量を指定できるようになりました。

TJPlacement placement = TJPlacement.CreatePlacement("placementName");
placement.SetRequiredAmount("[CURRENCY_ID]", 200); 

// Callbacks

void OnEnable() 
{	
    TJPlacement.OnSetCurrencyAmountRequiredSuccess += HandleSetRequiredAmountSuccess;	
    TJPlacement.OnSetCurrencyAmountRequiredFailure += HandleSetRequiredAmountFailure;}

void OnDisable() 
{	
    TJPlacement.OnSetCurrencyAmountRequiredSuccess -= HandleSetRequiredAmountSuccess;	
    TJPlacement.OnSetCurrencyAmountRequiredFailure -= HandleSetRequiredAmountFailure;
}

public void HandleSetCurrencyBalanceSuccess(TJPlacement placement)
{

}

public void HandleSetCurrencyBalanceFailure(TJPlacement placement, int code, string error)
{

}

public void HandleSetRequiredAmountSuccess(TJPlacement placement)
{

}
public void HandleSetRequiredAmountFailure(TJPlacement placement, int code, string error)
{

} 

12.8.1

アップデートを行う前に、Tapjoy および Google Play Services ファイルをすべてAssets > Plugins > Android から削除して下さい。

Tapjoy SDK は External Dependency Manager (EDM) の Maven によって管理されます。EDM は Tapjoy Unity Plugin の一部として含まれています、Android をサポートするために使用されます。

カスタム Gradle Templates

カスタム Gradle Templatedをご利用の場合、 Jetifier を有効にする必要があり舞うs.

ご利用の Unity Editer で カスタム gradle properties ファイルがオプションの場合、こちらも有効にする必要があります。

12.8.0

アップデートの前に、Assets > iOS フォルダから Tapjoy.framework および Resources フォルダを削除して下さい。

Tapjoy SDK の iOS は External Dependency Manager として CocoaPods を使用するようになりました。EDMはiOSをサポートするためにTapjoy Unity Plugin の一部として含まれています。CocoaPodsのバージョンは1.9.0以降、また XCodeのバージョンは11.0以降をご利用ください。